約束のネバーランド、6巻にて登場する旅人の鬼、ムジカとソンジュ。

ムジカとソンジュ.jpg

一見すると、髪の毛があって、お面も怖くないので親しみが湧きます。
ではムジカ、ソンジュはどのようなキャラなのか?

それぞれの特徴、性格は?

●ムジカの特徴

ムジカは人間の女の子と同じような背丈。
つまりは普通の鬼に比べるとはるかに小さいです。
ムジカ友達.jpg

かつ、顔の特徴などもかなり人間に近いです。
お面から、目は縦に並んでいるのかもしれませんけど。
ムジカの顔.jpg


実はかなり口が開くことが番外編で確認できます。
ムジカ 口の開き.jpg
宗教上の理由から、人肉を食べないことに決めている様子。
ソンジュの話から、ムジカのみ人肉は食べる必要もない。

年齢は不明。

●ムジカの性格

鬼とは思えぬほど優しく、丁寧に接してくれています。
疲弊したエマたちを介抱、食事なども振舞ってくれた。しかもかなり美味。

また、鬼の世界で最低限生き抜く知識や技術も教えてくれています。

人間と接したはのエマたちが初めて。
最初は、農園に突き返すかどうかソンジュと相談していましたが、エマたちと接するうちにかなり情が移っています。

最後は互いに「友達」という認識に。

●ソンジュの特徴

背丈はかなり大きく、ガタイもいい。
農園の鬼たちに比べると、髪の毛もあり人間に近い容姿です。
お面もおぞましくないので、親しみやすいです。
ソンジュ 人間ぽい.jpg

かつて人間を食していた様子なので1000年以上生きていることになります。
人間と鬼との「約束」後は、宗教上の理由から人肉を食べることを絶っていますが「天然物」の人肉を再び食べたいと切望しています。
ソンジュ人間食べたい.jpg

天然物とは自然交配で生まれた人間のこと。
エマたちは該当しない。

鬼の世界を生き抜く最低限の知識を、森を抜ける6日間でみっちり教えてくれました。
戦闘力が高く、エマたちを追っている追手鬼たちを全員撃破。
ソンジュ戦闘力.jpg

●ソンジュの性格

年の功か、落ち着き払っています。1000歳以上ですからね。。
鬼の世界の知識を伝授する様子から、丁寧な感じがします。

「原初信仰」という信仰を持っており、神を敬っています。
旅をして生活しているからか、鬼の世界情勢に詳しいです。

人間と鬼との「約束」を忌み嫌っており、それを壊すことができるのは人間だけなのでエマたちを助けました。



●ムジカ、ソンジュの謎

・なぜ旅をしているのか
なぜ旅をしているのかと尋ねられたとき、ソンジュはやや考えてから「さて、どうしてかな」と答えます。
何か、意味深な感じがします。

・なぜムジカは人肉を食べる必要がないのか
ムジカは身長も人間サイズですし、人肉を食べる必要もないとのこと。
これは鬼の種類が違うからなのか?約束というのが関係あるのか?謎です。


●まとめ
6巻では、ソンジュたちはエマたちを追手から救ってくれましたし、鬼の世界を生き抜く知識を伝授してくれました。
いわば味方として描かれています。

ところがソンジュは天然物の人間を食べたいと切望しているので、もしエマたちの中で自然交配によって生まれた子供が現れ増えたなら、ソンジュは敵になってしまうわけです。

ストーリー次第で今後どちらにも転がる、危うい存在ですね。